ひめはくらじお第10回

 

ジャカジャカジャカ〜ン♪

ジャジャジャ〜ン♪


「さぁ呂姫!! このひめはくらじおももう10回目よ!!!」

「もう? まだ10回が正しくない?」

「う……」

「ま、速さはどうあれ確かにめでたいことじゃないの……」

「そ、そうよ!! とりあえず頑張ってるからいいのよ!!!」

「それで? 第10回目は特別なゲストでも呼んでるの?」

「さぁ、誰かしら?」

「さあって……誰なのよ」

「あ、どうも〜♪ 私です」

「!!」

「こんにちは、ヨウコです」

「うわ」

「な、何ですかその“また微妙なやつがきたなぁ〜”ってまなざしは!!」

「別に」

「お二方は知らないのですね、私がどれだけこのらじおを聴いている人に出てきてほしいと願われていたのかを」

「そんなに要望多かったの?」

「はい! 過去最多ですよ!!」

「へぇ、凄いじゃないの」

「いえいえ、これもお二方がここまでラジオを頑張ってくれたおかげです♪」

「まぁそう言うことなら仕方ないわね、今日は頼むわよ」

「はい、こちらこそ」

 

〜・〜・〜

 

「……にしても」

「何?」

「あんたって本当に男?」

「いきなりですね、一応男ですよ」

「一応って何よ」

「私は顔・声・心は『乙女』だと自負しております!! きゃ〜!!」

「否定できないのが女として悔しいわね」

「別にいいんじゃないの」

「まぁね。というより、一時期に比べてだいぶあなたを見なくなったんだけど?」

「そうなんですよ!! 計略がちょっと弱体化しただけでなんだか最近はあまり使われなくなってしまって、ひどいと思いませんか?! 私を使っていた君主さん!! 私の事は遊びだったのですか!! 謝罪を要求します!!!」

「その前にあなたが、あなたのせいで計略が弱体化した張コウに謝りなさいよ」

「そうね、あいつは別に何かしたわけじゃないのに、ひどい巻き添えね」

「そ、そんなことは無いですよ。彼は魏軍では貴重な槍兵です♪ 私よりはきっと出番があるのでは?」

「まあ正直最近はどっちも見ないけど」

「そうね」

「うぅぅ……」

 

〜・〜・〜

 

「ヨウコ殿ぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!」

「?!」

「ちょ、なんか白髪頭が馬鹿みたいなスピードでこっち来るわよ!!」

「あ、遅くなった」

「まぁかれの計略の効果時間は刹那ですからね」

 

ダダダダダダダダダダ

 

「ぜぇ……ぜぇ……」

「何の用?」

「ヨウコ殿が落ち込んでおられるのだ!! 私が来ないでどうするのだ!!!」

「なんか言ってるけど?」

「はぁ……」

「ヨウコ殿!! 元気を出してください!! ヨウコ殿は今でも十分お強いです!!!」

「ドヨ……ありがとうございます」

「いえ!! ヨウコ殿のためならこの程度!!」

「まぁ正直魏の1.5コストにはあなたが入るので私が入れないことが多いんですけどね」

「え?!」

「確かにそうね」

「あんたもだいぶ弱体化したはずだけど、やっぱり武力5の覚醒持ちは違うってことかしら?」

「え! えぇえ!!」

「ドヨ……そういうことですか」

「は?」

「そうやって慰める振りをして自分の自慢をして私を笑いに来たのですか……」

「えええええええええええぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ?!」

「あ、なんかはじまったわよ」

「ほっといたらいいわ」

 

〜・〜・〜

 

「ごごごごご、誤解ですヨウコ殿!! 拙者そのような気持ちは微塵もありません!!!」

「本当ですか?」

「もちろんです!!」

「じゃあドヨ、あなたの覚醒の特技を捨ててください」

「えええええええええええ!!!!!!!」

「なんかめんどくさくなってきたわね」

「やっぱりほっときなさいよ」

「い、いやでも……そんなことしたら拙者の存在価値って『刹那の間だけ三倍速』の一つになってしまうんですが」

「……そうですね、私が悪かったです」

「?!」

「仕方がありません、計略が再びパワーアップするまでは姿を消すことにしましょう」

「ええええええええええええええええええ!!!!!!!!!!!」

「それでは皆さん、さよなら……」

「ちょ!! ちょっと待ってくだされヨウコ殿!!! はやまった真似は……」

「ヨウコ殿、元気を出してください」

「!!!」

「あ、陸坑殿」

「む」

「こんにちは、ヨウコ殿」

「なんでここにあんたがいるのよ」

「ヨウコ殿が落ち込んでいるのですから、友である私が慰めに来るのは当然でしょう?」

「!!」

「ついさっき似たような理由でここに来たやつがいるわよ」

「そうだ!! 私のほうがヨウコ殿のもとに駆けつけるのは早かった!! 貴様なんぞいらん!!! どこへなりとも立ち去……」

「ありがとうございます、陸坑殿!!!」

「あれー?!」

「何を言いますか、使われないもののつらさは私もよく分かります、私などに比べたらあなたは素晴らしいスペックをお持ちでは無いですか」

「そんな陸坑殿!! 自分を卑下するのはおやめくだされ!!」

「あの、なんか拙者の時とえらく対応が違う気がするのだが……」

「まぁ、理由はなんとなく想像付くけど」

「は?」

「……うぅ、私こいつらと同類なのかしら?」

「え、何?」

「な、なんでもないわよ!!」

「陸坑殿!! 私が悪かったです……自らのスペックに自信をもてず、少しの弱体化で落ち込んでしまうなんて」

「いえ、誰でも弱体化はショックなものです……そのように気に病むことはありません」

「……」(ぽつーん)

「ちょっと、さっきのどういうことなの?」

「な、なんでもないって言ってるでしょ!!」

「……」(ぽつーん)

 

〜・〜・〜

 

「……あの」

「?」

「なんかここにいるのつらくなってきたんで帰ります……」

「あ、ドヨ……あなた何も謝らなくてはいけません、私は自分の弱体化でいっぱいいっぱいで、あなたを傷つけるようなことを言ってしまい」

「いえ、お気になさらず」

「何よ、急にテンション下がってるわね」

「自慢の破竹の勢いはどうしたのよ」

「具合でも悪いのですか?」

「うるさい!! 敵国のお前に心配される筋あいは無い!!」

「ドヨ、なんと言うことを言うのですか」

「何を言いますかヨウコ殿!! こいつは呉軍です! 敵ですぞ!!」

「敵国の人間であろうとも、お互いの信義を向き合わせれば友となれます」

「そうです、私の計略はあなたたちとともに使ってはじめて効果を発揮するのです、ともに頑張りましょう」

「!!」

「どうしたのあいつ」

「二人の器の大きさを見せ付けられて声が出ないんじゃないの?」

「ぅ……」

「ドヨ?」

「うわぁぁぁぁぁ!!!!!! 陸抗!!! 絶対にお前となんか組むものかぁぁぁ!!!!!」

 

ダダダダダダダダダダダダダダ

 

「おぉ、やっぱり早いわね破竹」

「あ、でももう効果切れてるわよ?」

「う〜ん、やはり私が言いすぎてしまったのがいけなかったのでしょうか?」

「それ以上にいろいろと問題だったんじゃないの?」

 

〜・〜・〜

 

「……なんか騒がしかったわね」

「そうね、せっかくだからもっかいゲストの紹介しとこうかしら」

「あ、ヨウコです」

「飛び入りですが、陸抗です」

「……破竹も言ってたけど、あなたたち一応敵同士なんでしょ」

「えぇ……確かにそうですが、お互いに信義を持って向かい合い、競っています」

「それだけヨウコ殿は尊敬に値する方なので」

「そんな、陸抗殿こそ」

「……う」

「どうしたの?」

「うわわわわ!!! べ、べべべべ別に何でも、何でもないわよ!!! う、うらやましいとか思ってないからね!!!!」

「え? うらやまし……」

「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!! なんでもないって言ってるでしょ馬鹿!!」

「あのね、いい加減バカバカ言うのやめてくれない? 知力高くないのは認めるからさ」

「うるさい!! 呂姫の癖に!!!」

「……」

「……」

「って何よあんたたち、見世物じゃないのよ!!!」

「いえ、仲がいいんですね、お二人は」

「え?!」

「しかも同じ勢力で戦えてうらやましい限りです」

「う……」

「それはそうよ、なんせ私たちは『らぶらぶ』らしいから……」

「わぁぁぁぁぁぁ!!!!! いつの話持ってきてるのよ!!! いい加減それ言うの止めなさいよ!!!!!」

「え? でもみんな私たち見て言ってるでしょ」

「確かに、この前トウガイ殿や曹皇后様が言ってましたよ、お二人はらぶらぶだと」

「そういえばあの男にも言ったわね」

「余計なこといわなくていいって言ったのに!!!」

「そうですか、私も呉に戻ったら皆さんにその事実を広めなくては」

「広めるなぁぁぁ!!!!!」

 

〜・〜・〜

 

「そういえば、この前の勢力限定解除戦みたいな大会には参加しましたか?」

「してないわね、私と彼女はもともと同じ勢力だからあえて参加する事もなかったし……あなたたちは?」

「もちろんしましたよ!! ヨウコ殿とともに」

「えぇ、あの時はよかったですね、私たちのために存在する大会のように思えて仕方なかったです」

「幸せそうで何よりね」

「……」

「何? どうしたの」

「え、あ……なんでもない」

「呂姫さんが『董白さんとデッキに張ることが大前提』ではなしていたからきっとうれしかったんですよ」

「!!!」

「あ、そうだったの?」

「ち、違うわよ!!」

「本当にうらやましいですね、勢力と言う壁がないのは」

「勝手にオチをつけるなぁぁぁ!!!」

 

〜・〜・〜

 

「さて、そろそろお便り行くけど、いい?」

「だ、誰のせいでこうなったのよ!!!」

「え? 私のせい?」

「そうよ!!」

「やっぱり仲がいいですね」

「うるさい!!! あーもう、お便り読むんだから黙ってなさいよ!! ……えーと『こんにちは、てんかむしょ〜です。ひめはくらじお、リクエストに答えてくれてありがとうございました^^ また質問してもいいですか? 呂姫さんと董白様(?)は好きな物はなんですか? シンプルな質問ですみませんが…(汗』……お、前にお便り出したことある人ね、今度はちゃんと私の事様付けだし、よしよし」

「好きなものねぇ……」

「この世のありとあらゆるものは私とおじい様のものなんだからっ、その中からいちいち好きなものを探すなんてめんどくさいわね」

「はぁ……そう言う考えもありますか」

「好きな“人”でないのもミソですね」

「そんなことはてんかむしょ〜さんも聞かなくても分かるからでしょう」

「ちょ、どういう意味よ!!」

「いえ、別に」

「まぁ……嫌いなものは結構あるんだけどね」

「あー、それは同感ね」

「まぁ……私は武芸とか体が動かすことが好きね、あえていうと」

「私は自分の思い通りになることなら何でも好きよ♪」

「うわ……二人とも凄くらしいですね」

「えぇ」

 

〜・〜・〜

 

「さってと、今回はこのあたりかしら」

「そうね」

「せっかくゲストで呼んでもらえたのに、あまりお話できずに残念です」

「まぁ、それはまたの機会にでも」

「あ、そうだ」

「何よ?」

「せっかくですし、董白さんに一つアドバイスを」

「は?」

「自らの信義を相手にはっきりと向けて、素直な気持ちを告げる事も時には大切ですよ」

「な!!!」

「大丈夫です!! 董白さんと呂姫さんはきっとうまくいきます!! この私が保証します!!!」

「もちろん私も♪」

「?」

「う、うううううるさいわね!!! そんなこといわれなくてもわかってるわよ!!!!」

「あ、分かっているならいいんです、それでは、今日は本当に楽しかったです」

「今度勝負することがあればまたよろしくお願いします、勢力の差による士気差なんて私たちの前ではたいした事ありませんから」

「ふぅん、言うじゃない!! 蹴散らしてやるわよ」

 

〜・〜・〜

 

「はぁ……今日はなんか長くなかった?」

「最初に破竹がいたからね」

「そういえば、彼今頃何してるのかしら」

「さぁ」

「ま、いいわ……それではひめはくらじお第10回」

「今回は、これにて終了♪」

 

 

ジャカジャカジャカ〜ン♪

ジャジャジャ〜ン♪

 

 

「トウガイ殿!!! 早く!! 早く呉軍に進行しますぞ!!!」

「何だいきなり……」

 

 

戻る

inserted by FC2 system