ひめはくらじお第11回

 

ジャカジャカジャカ〜ン♪

ジャジャジャ〜ン♪

 

「こんにちは」

「あら? あの子はどうしたんです」

「えぇ、なんだか遅れてくるみたいです」

「何ですかそれ、いつも早くはやくってうるさいくせに、いきなり遅刻で」

「甘皇后から聞きましたが、この前のらじおの刺激が強かったんでしょうねぇ」

「え……何かありましたっけ?」

「いえいえ、お気になさらず」

〜・〜・〜

「とりあえずあの子は遅れてくるんですね」

「はい、その間は私が代わりの司会進行を勤めさせていただきます」

「分かりました」

「という訳で、だらだら進めていたら董白さんに怒られそうなのでゲストの方をお呼びしましょう」

「はい」

「ではゲストの方、どうぞ」

「はいはいは〜い♪」

「こんにちは張姫さん」

「あ〜どもどもっ♪ 張姫です!!」

「よろしく」

「おおっこれはこれは呂姫さん!! こちらこそよろしくです!!」

「さすが張飛さんのお娘さん、元気いっぱいですね」

「いやぁ〜もう恥ずかしいのなんのって、ちょっとは姉さん見習おうと思ってるんですけどねぇ〜やっぱ私にはおしとやかなの合わなくって」

「いえいえ、それは張姫さんの魅力の一つです……そのように卑下されるのはおやめください」

「そうよ、私も似たようなものだし」

「まったまたぁ〜、呂姫さんはなんていうんでしょう……クールで落ち着いたイメージですからねぇ、やっぱり父親が違うとこうも違うものなんですかねぇ?」

「いや、父上たちのレベルはそんなに変わらないと思うわよ」

「あ〜……じゃあお母さんのほうですかね?」

「いえ、母上方も似たようなものだと思いますが」

「むしろ排出停止になっている分、あなたのお母様のほうが上かもね」

「そんなことないですよ、ゲームでは排出停止もそうじゃないのも大して変わんないじゃないですか」

「ところがそうでもないのよね」

「はい?」

「確かに、今は違いなんて戦器が装備できるかどうかくらいですが……大戦3になってくるとかなり違ってきますね」

「大戦3がどうかしたんですか?」

「え、あなたロケテ情報とか聞いてないの?」

「あぁ〜、私不確定な情報に振り回されるの嫌いなんで」

「なるほど、確かにそれも賢いですね」

「さすが、知力が6あれば違うわね」

「ちょ、止めてくださいよ、照れますよ〜」

〜・〜・〜

「と、それはともかく、気になってきたんでもしよろしかったら教えてもらっていいですか? 大戦3の情報」

「そうですね、今分かっていることだけでも簡単にまとめるのもいいですね」

「はい!! では早速」

「あ、ごめん……ちょっと待って」

「呂姫さん? どうかしましたか」

「いえ、少しだけ時間ください」

「スタジオの外に何かあるんですか?」

「ねぇ」

「っ!!!」

「あ、董白さん」

「何してるんですか?」

「……」

「どうしたの、遅刻して入ってきたからって別に怒ったりしないわよ?」

「はぅ……」

「ちょっと、何で目を逸らすのよ」

「……」

「あぁ……なるほど」

「はい?」

「董白さん、こんにちは、どうぞこちらに座ってください」

「あ、うん」

「?」

「今から丁度大戦3の情報について話し合おうとしていたところです」

「そうなんだ」

「董白さん、どうもです!! 今回のゲストの張姫です」

「あ、うん」

「どうしたのよ? いつものあなたらしくないわよ」

「!!」

「何? 何で蔡文姫様の後ろに隠れるのよ、私本当に何かしたっけ?」

「まぁまぁ、これも二人の愛が確実に実り始めている証拠で……」

「ちちちちち違うわよ!! 何言ってんのよ!!!! 愛とか言わないでよ!!!!!!」

「ちょ、董白さん何言ってるんですかぁ〜、愛って素敵な言葉ですよ」

「うるさい新入り!! おじい様に言いつけるわよ!!」

「くす」

「な、何よ!! 何がおかしいのよ!!!」

「やっといつもの董白さんらしくなりましたね、これでいいでしょう」

「な!!」

「さすが蔡文姫様」

「いえいえ、ちょっとした荒療治ですよ」

「荒すぎるわよ馬鹿文姫!!!」

〜・〜・〜

「と、まぁ……とりあえずもう大丈夫ですか?」

「えぇ、私がいつまでも遠慮してると思ってるの?」

「じゃあ何で私からそんなに離れて座ってるのよ」

「ぅ……うるさいわね……そんなの、関係ないでしょ……」

「ちょっと、さっきまでの勢いはどうしたのよ」

「別に……いつもどおりよ……」

「まぁまぁ、それよりせっかくですから話し進めましょうよ!!」

「そうですね、という訳で大戦3の情報ですが……このらじおをご清聴していただいている皆様、あくまでロケテ情報なのでいろいろと変わると思います、気軽に聞いてください」

「で? だいぶ間が空きましたけど、大戦2のカードと排出停止カードって何か違うんですか? 大戦3では」

「そうなんですよ、聞いた話では大戦1と大戦2の一部のカードは3で使用不可になるらしいんです」

「母上は大戦1のカードだからね、大戦3では使えないらしいのよ」

「へぇ〜、そうだったんですかぁ」

「他にもいろいろと変わるところがあるんですよ」

「勢力とかはどうなるんですか? 今までどおり6勢力ですか?」

「確か涼・袁・他が一つにまとめられるんじゃなかったっけ?」

「らしいですね、魏・呉・蜀そして新たに“群雄”という勢力が出来るらしいです」

「あ〜……ちょうど三国○双みたいな感じの勢力図になるんですね」

「ですね、ということで張姫さんは引き続き蜀、呂姫さんと董白さんは群雄勢力で再び一緒のはずです」

「“私と呂姫は”って……」

「蔡文姫様は?」

「あら? 確か私は使用禁止カードだったと思いますが……」

「え?!!」

「という訳で、皆さんと一緒に戦えるのもあとわずかということになりますね」

「え……でも」

「……」

「まぁ、魏の方の私が残っているならまた一緒に戦えますね」

「……」

「え、あの……蔡文姫様が使用不可になるって……もしかして私とかもやばいんじゃないですか?」

「私ももしかしたら……」

「え!! ちょっと何言ってんのよお前!! じゃあ私ももしかしたら……」

「董白さんは大丈夫です、はい、ほぼ確実に」

「そうね」

「ですね」

「は? なんでよ」

「私たちとはキャラ人気のレベルが違います」

「ロケテに甘皇后いたらしいし、まぁ大丈夫でしょ」

「そ、そんな……」

「何?」

「呂姫、あんたは絶対に使用不可になったりしたら許さないんだからね!!」

「えぇ、まぁなるつもりはさらさらないんだけどね……高順とかも使用不可らしいし、万が一もあるって事よ……」

「ふえ……」

「ちょ、何? 離れたりいきなり抱きついたり……」

「大丈夫です、私がきっと呂姫さんだけは……」

「うわ、なんか凄い想いが交錯している……」

〜・〜・〜

「っと、すみませんね……私のせいでらじおの雰囲気を暗くしてしまって」

「いやいや、そんなことより!! 楽しい話題もたくさんなんですから!! そっちを楽しみましょうよ!!」

「そーね」

「う……」

「なんといっても新カードですよね!! どんなカードの情報が出ているんですか?! 蔡文姫さん」

「詳しいことはロケテ情報を見ていただいたほうがいいですが、ここでも気になる武将を数名ピックアップさせていただきましょうか」

「まずは魏ですね」

「やはりSR曹操殿でしょうか」

「2.5コスの騎兵、8・10に魅力・伏兵のスペック、そして計略が覇者の求心だったっけ?」

「うわ、つよ」

「大戦1の曹操が復活を代償にコストを減らしたって所ね」

「大戦1の求心デッキの弱点、曹操殿のコストの重さゆえのデッキの組みにくさがある程度緩和され、大戦2の求心曹操殿の特技の物足りなさを見事に解消した曹操殿ですね」

「ぶっちゃけ伏兵より復活がほしかったわね」

「まぁそこまでしなくてもいいんじゃないの」

「伏兵も知力が10となればかなりのプレッシャーになりますしね!!」

「張遼殿もとても期待ですね」

「ロケテでは2.5コスの9・7勇猛持ち、さらに神速号令の武力上昇が他の兵種にも影響されるらしいですね」

「は?! 何それ!! 馬は神速になった挙句他の兵種は武力が上がるって事?! しかも9.7勇猛って何?!」

「トウガイが哀れになってきましたね」

「そのトウガイさんですが、なかなか面白い能力を持っているらしいですよ」

「刹那神速じゃないの?」

「その計略はR郭嘉さんに受け継がれたらしいです郭嘉さんは1.5コス4.9伏兵持ちの騎兵、そして刹那神速と、現時点ではとても活躍が期待されるスペックになっていますね」

「まぁ大戦2はあの人にとってつらい状況でしたからね」

「そしてそのトウガイさんですが……」

ジャーンジャーン

「戦いのときは来た」

「は?!」

「それは我自ら説明させていただこう」

「で、刹那神速取られて、あなたは3で何するの?」

「我は2コス、7・9の伏兵持ち、さらに計略は隠密の神速行というものを身につけた」

「何? 何の神速戦法って?」

「隠密の神速行だ……“計略を使用することで姿を隠し、敵から見えなくなる神速戦法”だ、攻城、接触することで姿を現すが、再度離れることで再び不可視になるというものだ」

「うわ、ウザ……コソコソしたところがあんたにぴったりね」

「何故この娘はこんなに我にとげとげしいのだ?」

「それはまぁ蜀滅ぼしたのあなたですしね」

「なるほど」

「ってことは何? また張遼押しのけたときみたいにホウトクも押しのけるの?」

「それはどうであろうな」

「え?」

「ホウトクさんですが……知力が1に下がった変わりに、2コスで武力9になったらしいですよ」

「な!!」

「何よそれ!! バカじゃないの!!」

「……」

「それに我の隠密の神速行は士気5だ、使いにくいと思うぞ?」

「まぁCPU戦では無駄そうだし……」

「そういうことだ、どうなるか楽しみだ……では我はこれで失礼する」

「本当に説明のためだけにきたのね」

「まあ彼らしいんじゃないですか」

〜・〜・〜

「このあたりで休憩しない?」

「そうですね、久しぶりにお便りを読ませていただきましょうか」

「どれよ」

「はいこれ」

「あ、はぅ……」

「何、また?」

「な、なんでもないわよ!! えっと何々『呂姫さん、董白様いつもラジオご苦労様です。さて、自分はお二人には申し訳ないのですが呉単使いなのです。で、最近は業炎周瑜と大虎を使った業炎大流星(SR周瑜・大虎・韓当・陸績・顧雍・虞翻)とかやってます、ハイ。以前にも麻痺矢防柵流星(SR呂蒙・周姫・韓当・顧雍・陸績・小喬)とかやってましたが、こんな守備主体のデッキはお二人どう思いますか?』ラジオネーム・木曽川ユウ……ふんふん、なるほどね、別に呉単使いだからって私たちに負い目を感じることは無いわ、ちゃんと私たちを崇めるならね♪」

「何言ってるのよあなた、別にそこは自由でしょ」

「ぶぅ〜」

「そして質問の答えですが、お二人は守備主体のデッキはどうですか?」

「私は嫌いじゃないけど? 西涼にも傾国デッキとかあるし」

「私は攻めるほうが好きだけど、大切なものを守りながら戦うって言うのもいいんじゃないの?」

「そうですよね、守勢には守勢の難しさがありますし、鉄壁の守備をどう崩すのかなかなかにわくわくしますし!! まぁ流星って三国志的にはどうかと思いますけど」

「落雷使うあんたが言うかしら?」

「う、それは確かに」

「まぁ私は守勢の相手を攻めるのはとにかく苦手ね、大量に弓とか撃たれたらいつの間にか撤退してるし」

「端攻城もできないしね」

「という感じですか、木曽川さん……これからも自分のスタイルを貫いて頑張ってください」

「さぁ!! 次のお便りよこしなさい!! なんか調子出てきたから!!!」

「……ないわよ」

「へ?」

「だから、今までなんだかんだで続いてきたらじおだけど、今の質問でこのひめはくらじおへのお便りは全部なくなったわよ」

「!!」

「残念ですね〜」

「まぁここまで不定期な更新だとお便り送る気もなくなるかもしれないわね」

「まぁ、お便りは送っていただければまた定期的に紹介していくということでよろしいのでは無いですか?」

「仕方ないわね」

〜・〜・〜

「さて、呉単使いの方からお便りが来たわけですし、今度は大戦3の呉のカードについて話し合いましょうか」

「やっぱり孫策さんや孫堅さんが目玉なんですか?」

「そうですね、槍孫策さんは3コストの武力10槍兵になられたらしいです、計略はそのままと聞きましたが」

「使いにくくない?」

「分からないわよ、一体どうなるかは実際にやってみないと」

「孫堅さんは2.5の騎兵で9・5の魅力持ち、そして天啓の幻らしいですね」

「天啓の効果時間また減るんですか?」

「どうでしょう、孫堅さんが2.5コストになった分天啓をうかつに仕えなくなった分、それなりに調整されるかもしれませんね」

「でも計略つかって17になるのと19になるのはなかなか違いますよね!!」

「というより赤壁周瑜の知力10は本当なの?」

「え?!」

「今でさえ体外手がつけられないのに、何で強くなるのよ」

「まぁ、呂蒙さんも麻痺矢号令が士気6になったと聞きますし」

「おぉ!! ということは麻痺徒弓がすごいことに?!」

「いえ、残念ながら丁奉さんの計略が遠弓麻痺矢になると聞きました」

「なんで?」

「何ででしょうね?」

「でも徒弓号令ってそれなりに使える号令だったし、他の武将が使えるんじゃないの?」

「あぁ!! その可能性は十分ありますね!!」

「後面白い計略で、援軍を召喚するというものがありますね」

「え? どういうこと」

「R太史慈さんの場合は計略を使うと武力6の弓塀部隊が現われるらしいですね、攻城も可能で号令の効果も受けるらしいです。」

「うわ、それ面白い!!」

「弓兵といえば、今回弓兵には新しいアクションが追加されたらしいですね」

「いつか追加されると思ってたけど、一体どんなの?」

「数秒その場に止まることで、少しの間だけ徒弓効果を得ることが出来るものらしいです」

「突撃や槍撃みたいに一気に兵力を減らせるものじゃないけど、うまく使われると厄介そうね」

「やはり呉は、これからも弓に特化した勢力になるみたいですね」

〜・〜・〜

「さて、今日はこのあたりにしておきましょうか」

「え? 蜀と群雄の話は無いの?」

「まぁ、まだロケテ情報は更新を続けてるし、のんびりいけばいいんじゃないの?」

「いや〜、今まで見てなかったけどロケテ情報って見てみると結構わくわくするものなんですねぇ!! これからはチェックするのが日課になりそうです!! 帰ったら姉さんにも教えてあげよっと……本当にこのたびはいろいろと教えていただきありがとうございます!!」

「いえいえ、お役に立てて光栄です、ただ、やはりあくまでロケテ情報なので、実際のものとはかなり変わっていると思いますよ」

「そうですね、大戦3楽しみにしておきます!! それじゃあ私はこのあたりで失礼します」

「またね」

「はい!!」

〜・〜・〜

「さて、私もこのあたりで失礼します」

「あ……」

「……」

「なんです? 別に今生の別れというわけでもありませんし、今度のらじおにもお邪魔させていただきます」

「ふん、好きにすれば」

「あら、あなたも成長したじゃないの」

「うぅ」

「くす、だいぶお二人も自然な雰囲気を取り戻してきましたね、いいことです『ひめはく』応援者としてうれしい限りです」

「あんたねぇ……」

「あ、どうでもいいですがこの世には『姫白鳥』というとても素敵な名前の鳥がいるんですよ」

「あぁーもう!! 分かったって帰れ!!」

「えぇ、ではまた今度」

〜・〜・〜

「……」

「ぅぅ……」

「で、ずっと気になってるんだけど……私やっぱり何かした?」

「へ?」

「なんだか凄く避けられてる気がするのよ」

「そんなこと……」

「ま、いつか話してくれるならいいわ」

「呂姫……」

「さ、今回は結構長かったし、そろそろ終わりましょ」

「うん」

「さ、ひめはくらじお第11回」

「今回は、これにて終了」

 


ジャカジャカジャカ〜ン♪

ジャジャジャ〜ン♪

 


戻る

inserted by FC2 system