ひめはくらじお第13回


ジャカジャカジャカ〜ン♪

ジャジャジャ〜ン♪


文姫「ふあぁ〜あ」

劉ヨウ「開始早々それですか……」

文姫「およ? 何で劉ヨウ君がここにいるのかな?」

劉ヨウ「それは私が聞きたい、ぜひ来てほしいと呼んだのはあなたでしょう」

文姫「あ、そうだったね〜」

劉ヨウ「そうです」

文姫「私、何で呼んだんだっけなぁ〜」

劉ヨウ「帰ります」

文姫「うわぁ〜やめてやめて!! せっかくのゲストさんを返しちゃったら私がもう一人の私に抹消されちゃうよぉ〜」

劉ヨウ「ゲストやらもう一人の私やら何をわけの分からないことを……とにかく帰らせてもらいます」

文姫「だめぇ〜!! 今残ってくれたらチューでも何でもしてあげるからぁ〜!!!」

劉ヨウ「結構です、私はそう言うことに興味はありません」

文姫「あ、劉ヨウ君ってもしかしてそっち系? なら絵師仲間の賈クっちにでも♪」

劉ヨウ「言うと思いましたが違います……私はなるべく人とかかわりたいとは思わないだけです、大体なんですか絵師仲間って、それに『賈クっち』って……」

文姫「気にしない気にしない♪」

劉ヨウ「分かりました、特に気にしないで帰ります」

文姫「つまんなぁ〜い」

劉ヨウ「排出停止になったからといって他人の台詞をとるのはどうかと思いますが?」

文姫「あー言えばこー言う」

劉ヨウ「どっちがですか……」

文姫「なんか劉ヨウ君冷たいなぁ〜……いつも戦ってるときは伏兵で私を守ってくれるのにぃ〜」

劉ヨウ「戦略上柵と舞姫の付近に伏兵を配置するのは基本でしょう」

文姫「その言い方なんか傷付くなぁ〜……私の事は遊びだったの?!」

劉ヨウ「言うと思いましたが違います……最初から遊んでなどいません」

文姫「ちぇ〜」

劉ヨウ「何ふてくされているんですか……大体あなたが私を呼んだ理由を忘れるのがいけないのでしょう」

文姫「まーそれは認めるけどさ〜……もう少しやさしくしてくれても……劉ヨウ君看破の範囲と一緒に心まで狭くなった?」

劉ヨウ「誰がうまいこと言えと……」

文姫「はぁ〜……開始早々ひめはくらじおの司会補佐から……ってそうだ!!」

劉ヨウ「?」

文姫「思い出したよ劉ヨウ君!! 私ひめはくらじおのゲストに君を呼んだんだ」

劉ヨウ「なんですか? その胡散臭いものは」

文姫「呂姫ち〜と董白っちの「姫」「白」らじおだよ」

劉ヨウ「私はあの小うるさい者たちと面識は無いです……何故私が呼ばれたのですか? それと文姫様……他人の呼び方のネーミングセンスがなさすぎです」

文姫「ちぇ〜……分かったよ普通に呼ぶから。それに何で劉ヨウ君が呼ばれたかは董白ちゃんたちが来たら分かるよ多分」

劉ヨウ「で……そのメインの二人はどこに?」

文姫「さぁ」

劉ヨウ「帰ります」

文姫「いやぁぁ〜!!!!!」

〜・〜・〜

バンッ!!!

文姫「およよ?」

劉ヨウ「?」

董白「ちょっと呂姫!! 離れなさいってもう!!!」

呂姫「何よ、いいじゃないちょっとくらい」

董白「ちょっとじゃないから言ってるんでしょ!!! らじおはじまってるじゃないの!!!」

呂姫もういいじゃないのそんなの」

董白「な、何言ってるのよお前!!!」

呂姫「もう私……なんかあなたさえいれば何もいらないわ♪」

董白「!!!」

文姫「……董白ちゃん、呂姫ちゃんどうしちゃったの?」

董白「知らないわよ!! なんだか急になれなれしくなってきたのよ!!!」

呂姫「あら、ずいぶんな言い草ね……私は自分の気持ちに気がついたから自分に正直に生きてるだけよ」

文姫「あ……ひめはく漫画のほうの影響か、にしても正直すぎだね」

董白「な、何言ってるのよバカ呂姫!!」

呂姫「分かってるくせに……ツンデレね」

董白「う、うるさい!! あっちいけ!!!」

呂姫「ツンデレのあなたがそう言うってことはもっと引っ付いていいってことね」

董白「ちっがぁ〜う!!! 離れろばか!!!」

呂姫「逃がさないわ!!」

文姫「うわ〜、董白ちゃんが退路遮断されてるよぉ〜」

劉ヨウ「帰っていいですか?」

文姫「あ〜なんかもういいかも……ゴメンネ劉ヨウ君」

劉ヨウ「いえ、お気になさらず」

董白「ってちょっと待ちなさいよあんた!!!」

劉ヨウ「何だ小うるさいツンデレ娘……」

董白「あんたゲストでしょ!! 何とかしなさいよ!! 後誰がツンデレだ!!! あんたも似たような門でしょ!!!!」

劉ヨウ「何故私が……」

董白「うるさい!!! 何とかしなかったらおじいさまに言いつけてあんたのいろいろいえないような同人誌を西涼の蔡文姫に大量発行させてやるんだから!!!!」

劉ヨウ「貴様……よくそんな地味な割りに精神に来そうな嫌がらせを思いつくな」

文姫「やめてやめて、もう一人の私が出てきたら私の出番が!!! 劉ヨウ君、私を助けると思ってここは一つ!!!」

劉ヨウ「はぁ……」

〜・〜・〜

劉ヨウ「おい呂布の娘」

呂姫「何よ、いくらあなたがこの子に雰囲気が似てて『兄妹か?』とか言われていようとこの子は渡さないわよ」

劉ヨウ「いらん、仮にこいつの兄だったとしても喜んでくれてやるし、いちゃ付くなら好きにしろ……ただ、少なくともこれを終わらせてからにしろ」

呂姫「何でよ」

劉ヨウ「あまりにしつこいと嫌われるぞ」

呂姫「……仕方ないわね」

文姫「あれ、呂姫ちゃん……意外にあっさり」

董白「まったく」

劉ヨウ「まぁこの小娘の場合しつこくても貴様を嫌うようなことは無いと思うがな」

呂姫「じゃあいいじゃない♪」

董白「ばかーーーーーー!!!!!」

〜・〜・〜

呂姫「はぁ、まぁいいわ……別に時間はあるし、このらじおくらいしっかりやってやるわ」

劉ヨウ「そうだ、そしてさっさと終わらせろ」

呂姫「あなた、なかなかいいこと言うわね」

劉ヨウ「バカは嫌いだが、貴様とはその一点においては理解しあえるらしいな」

文姫「それじゃあ!! 張り切っていこう!!!」

董白「結局蔡文姫、あんたが一番何もしてないわよ」

文姫「気にしない気にしない、じゃあ改めて開始しましょ♪」

董白「ふぅ……それじゃあ、第13回ひめはくらじお、はじめるわよ」

呂姫「今日のゲストは前回の話にあったとおり劉ヨウね」

劉ヨウ「そう言うことらしいな、なぜ私が呼ばれたのか私は未だに理解していないが」

文姫「それはさっきちょっと話題に出てたね、劉ヨウ君と董白ちゃんが微妙に『兄妹』っぽく見えたからそれはいかに!! という訳で呼んでみたんだよ」

劉ヨウ「結論・『兄妹』ではない」

呂姫「はい終了」

文姫「ちょっと待った待った、劉ヨウ君帰ろうとしない、呂姫ちゃん董白ちゃんを連れて行こうとしない」

劉ヨウ「他に何かあるのですか?」

文姫「う〜ん、結論でちゃったからねぇ……なんかないかって待って待っていかないでって!!」

呂姫「わかりました……にしても確かに、見れば見るほど似てるわ」

劉ヨウ「髪の色だけだろう?」

董白「そうよ」

文姫「前呂姫ちゃんが言ってたけど、その尊大な性格もそっくりだよ」

劉ヨウ「まぁ自分の性格です……半分はわざとではあると言え多少尊大なのは認めましょう、しかしこの小娘は……」

董白「私は尊大じゃない!!」

劉ヨウ「といっていますが?」

文姫「お、相違点発見」

呂姫「じゃあ何? わがまま?」

董白「呂姫〜ッ!!」

文姫「まぁあれだね、兄妹っぽいけどどこか違うって」

呂姫「とりあえずお義兄さん、この子をください」

劉ヨウ「さっきも言った、好きに持っていけ」

董白「ちょちょ、ちょっと!!」

〜・〜・〜

文姫「と、人段落ついたところで」

董白「全然付いてないわよ」

文姫「群雄限定大会終わったね」

董白「無理やり進めたなこいつ、しかもいきなりね」

文姫「どうだった劉ヨウ君?」

劉ヨウ「いや、魏の私に聞かれましても」

文姫「いろいろ思うところあったんじゃないの?」

劉ヨウ「やはり呂布と左慈でしょうかね……」

呂姫「私もこの子もいたわよ」

劉ヨウ「そうだな……後は完殺か……」

董白「おじいさまあんまり見なかったわね」

呂姫「私はちょくちょく見たわよ」

董白「ってそれどういうことよ呂姫!! 何で私の知らない戦に出てるのよ!!!」

呂姫「いや、だって……ねぇ」

董白「何よ!! 呂姫のバカ」

文姫「まぁまぁ」


劉ヨウ「にしてもなんだあの左慈とか言うご老体は……」

文姫「あぁ!! 凄いよねあのおじいさん、この前あのおじいさんに曹操様がやられてて凄く悔しがってたよ」

呂姫「歩兵とはいえいきなり武力10オーバーになられたら困るわよね」

董白「おじさまとかつらいんじゃないの?」

呂姫「そうね、この前武力28になってやられたって言ってたわ」

文姫「突撃で何とでもなったんじゃないの?」

呂姫「華雄が槍振り回してたんですって」

劉ヨウ「それで迎撃されたと……左慈以前の問題じゃないのか?」

呂姫「私もそういったわ」

董白「それに対しておじさまはなんていってたの?」

呂姫「ギギギ……」

文姫「なんかかわいそう」

〜・〜・〜

文姫「さて、今日はここまでかな」

劉ヨウ「結局何故私はここに呼ばれたのか……正直私はいなくても良かったのでは?」

文姫「そんなことないよ〜♪ 楽しかった」

董白「あんたが楽しんでどうするのよ」

呂姫「いいんじゃないの?」

劉ヨウ「まったく……くだらない」

文姫「そーゆー劉ヨウ君はもう少し楽しそうにしたらいいのに」

劉ヨウ「考えておきます」

文姫「あ〜あ、帰っちゃった」

呂姫「ま、何かあればまた呼べばいいんじゃないですか?」

文姫「まぁそうだね」

董白「って……さっきからずっと思ってたんだけどさ」

文姫「何?」

董白「蔡文姫、あんたちょっとでしゃばりすぎよ」

文姫「いきなりひどい!!」

呂姫「そうよ、どうしたのよいきなり」

董白「だってこれ『ひめはく』らじおよ?! こいつはあくまでおまけなのにでしゃばりすぎよ!!」

文姫「いいじゃんいいじゃん私も『姫』だし」

董白「そんなことで納得できるかぁ!!」

文姫「もう分かったよぉ〜……でも今回は最初からいない董白ちゃんたちも悪いんだよ」

董白「それは呂姫が」

呂姫「悪かったわね、次からはちゃんとやるわ。でもいいじゃない……あなただって嫌じゃないでしょ?」

董白「なっ!! うるさいバカ!!!」

文姫「ではでは……ふあぁ〜あ、眠いなぁ」

董白「あっ!! こら!! 勝手に帰るな!!!」

呂姫「さて」

董白「!!」

呂姫「やっと二人きりになれたわね♪」

董白「ちょ、何よ呂姫」

呂姫「さっさと終わらせるわよ、それではひめはくらじお第13回、今回はこれにて終了♪」

董白「ひっ!!」

呂姫「逃げないの!!」

 

ジャカジャカジャカ〜ン♪

ジャジャジャ〜ン♪

 


戻る

inserted by FC2 system