ひめはくラジオ第3回

 

ジャカジャカジャカ〜ン♪

ジャジャジャ〜ン♪


「♪〜♪〜」

「どうしたの? えらく機嫌がいいじゃないの」

「くふふ……これよこれ♪」

 

―バサリ―

 

「あ」

「そうよ! お便りよお便り!!」

「やったじゃないの、あなたががんばった甲斐あったわね」

「ふふん♪ 私にかかればこんなものよ!!」

 

―ポフン―

 

「はいはい、いい子」

「!!!!!!」

「どうしたのよ?」

「な、なな何?! 何よいきなり!!」

「何って……頭撫でただけじゃないの」

「な、何勝手に! だ、誰の許可を得てそんな事してるのよ!! おじいさまにもされたことないのに!!」

「あ、そうだったの?」

「うぅううぅうぅ〜!!!!」

 

―パチパチパチ―

 

 「?!」

「いやはや、早速見せ付けていただきました」

「蔡文姫様……」

「な、何の用よ!」

「随分なご挨拶ですね、私は正式にここに呼ばれたものです」

「ゲスト?」

「そうです、リスナーの方から私に出て欲しいという意見が少しあったので、ありがたく、そして喜んで参加させていただきました」

「へぇ」

「もっともお二人の行く末を見守るものとして、最初のゲストとしてお邪魔するのは当然ですが」

「ぶふっ!!!」

「ちょ、だ、大丈夫?」

「けほっ! けほっ! な、何を言い出すのよいきなり!!!」

「聞こえませんでしたか? 私は『お二人の行く末を見守るものと……』」

「わぁぁぁ!! もういいもういい!!」

「?」

「さすが呂姫さん、程よい鈍感さです」

「もういいの!! お便りあるんだからあんたなんかいらないわよ!」

「さて、行こうか♪」

「人の話を聞けぇぇ!!!」

 

〜・〜・〜

 

「そういえば、最近はどうですか?」

「何が?」

「董白さんと仲良くしていますか?」

「!!」

「まぁ、ぼちぼちかしら?」

「呂姫さんがぼちぼちというくらいです、さぞかしいい具合でしょう」

「ちょ! だから何の話よ!!」

「董白さん、せっかくこのような場が設けられたのです……」

「は?」

「好きにして、いいのですよ?」

「何をよ!!!」

 

〜・〜・〜

 

「もういいの! お便り!! お便り読むの!!!」

「どうしたの? いつにも増して余裕がないわよあなた」

「う……」

「深呼吸です」

「うぅ……すぅー、はぁー」

「落ち着いた?」

「まぁ」

「よかったですね」

「誰のせいで取り乱したのかはこの際忘れておくわ」

「はい、お便り」

「ありがと、えぇーっと何々……大阪府に住んでる人からよ『董白さん、呂姫さん初めまして。早速ですが、お二人のスリーサイズと好みの男性のタイプを教えてください。お願いします。』……ラジオネーム『おもちゃにしてください』さん……」

「……」

「……」

「……」

「ふむ、初回にふさわしい素晴しい質問ですね」

「ちょっとまったぁ!!」

「何か不都合が?」

「あるわよ!! あれほど私には『様』付けろって言ったのに私の事『さん』付けよ!! おじいさまに言いつけてやる!! 今度人馬デッキか暴虐デッキに当たった時は覚悟しなさいよ!!」

「そこですか?」

「何よ?」

「いや、いいです。それよりも、記念すべき一通目のお便りです、早速答えて差し上げてはどうですか?」

 

〜・〜・〜

 

「そうね、それじゃあラジオネーム『おもちゃにしてください』の質問に答えてやろうかしら……私の事をさん付けで呼んだのはともかく、なかなか殊勝なラジオネームじゃないの」

「スリーサイズって何?」

「ボン、キュ、ボンです」

「はい?」

「そこ!! 歪んだ知識を植えつけない!!」

「何よ? わからないから答えようがないんだけど、教えて」

「え、あの……」

「ボン、キュ、ボン……」

「2回も言わなくていいわよ!!」

「やはり女性ですからね、正確に答えるのは気が引けるでしょう、特に董白さんなんかはコンプレックスを持っていそうですし」

「黙れ!!」

「え? だから何?」

「まぁ私から言わせていただければ上のほうは、呂姫さんが『あるほう』董白さんは『無』ですね、どうでものいいですが私は着やせするタイプです」

「うわぁぁん!! おじいさまぁ〜!!!!」

「ちょ、待ちなさいって」

「うるさいはなせ!!」

「ご安心を、需要は十分にありますので」

「うわぁぁぁん!!!!!」

 

〜・〜・〜

 

「それではもうひとつの質問『好きな男性のタイプ』ですね」

「男性ねぇ……」

「いませんよね?」

「男性かぁ……」

「いませんよね?」

 「……」

「『おもちゃにしてください』さん、あなたは致命的なミスを犯しています、この二人は対象が男性という場合が……」

「ってやめい!!」

「ではいるのですか?」

「まぁ男なら、父上くらいとまではさすがに言わないけど、せめて張遼や華雄ぐらいには強くなりなさい」

「えらくハードル高いわね」

「そう? かなり譲歩してるわよ?」

「男は武だけじゃだめよ、知も鍛えるべきでしょ」

「たとえば?」

「そりゃもちろんおじいさまみたいな人が理想的よ」

「しかしお二人の対象は男性では……」

「しつこい!!」

 

〜・〜・〜

 

「蔡文姫様は?」

「私ですか?」

「たしかに、ちょっと気になるかも」

「いえ、私は我が子と離れ離れになった独り身、今更好みの男性がどうのこうのは言いません」

「う……ご、ごめんなさい」

「つらいことを……」

「では呂姫さんが董白さんの頬に口付けしてくれたら許します」

「!!!」

「?」

「まぁ冗談ですけどね」

「え」

「あ、がっかりしましたか? がっかりしましたか?」

「するか!!」

「何半泣き顔で怒ってるのよ?」

 

〜・〜・〜

 

「っと、今回はえらく話し込んじゃったわね」

「ふふ、なかなか楽しい時を過ごさせてもらいました」

「私はなんか疲れた」

「それでは私はこのあたりで失礼しましょう、また呼んでくださいね」

「絶対呼んでやらない」

「董白さん、ツンデレは呂姫さんに対してだけでいいですよ?」

「うるさい! 早く帰れ!!」

 

〜・〜・〜

 

「はぁ」

「お疲れ」

「……お便り結局一通しか紹介できなかった」

「ま、のんびり続ければいいんじゃないの?」

「そうね」

「次のゲストの予定とかもあったりするんでしょ?」

「まぁね」

「ならいいじゃないの」

「わかってるわよ……」

「ならよし、それじゃあひめはくらじお第3回」

「これにて終了……」


ジャカジャカジャカ〜ン♪

ジャジャジャ〜ン♪

 


戻る

inserted by FC2 system