ひめはくらじお第4回

 

 

ジャカジャカジャカ〜ン♪

ジャジャジャ〜ン♪


「はぁ〜い♪ 今日のゲストは曹操様さえ骨抜きにした大戦随一のお色気担当♪ 雛よ〜」

「ちょっと待てい!! 何司会そっちのけで話し進めようとしてるのよ!!」

「してないわよぉ〜」

「嘘付け!! 司会より先に発言するゲストなんているか!!」

「もう怒らない怒らない♪」

「うぅ……なんでこの前に続きこんなのがゲストなのよ」

「まぁ私たちの所属上、西涼の女性がゲストの中心になるのは致し方ないことじゃないの?」

「でもぉ〜」

「だ・か・ら……怒らないの♪」

「呂姫〜、この人絶対にひめはくらじおに出ていい人じゃない!」

「なんで?」

「呂姫のバカ〜!!」

「こらこら、ケンカしないの」

「誰の所為だと思ってるのよ!」

「ケンカするのはあなたたちの所為でしょう?」

「う」

「確かにそうね、でも残念。これはケンカなんかじゃないわよ」

「あら、蔡文姫の言うとおり、らぶらぶね〜♪」

「ぶふっ!!」

「大丈夫?」

「何言ってんのよお前!!」

「いいじゃないの董白ちゃん♪ 私に任せなさい」

「?」

「私が呂姫ちゃんと董白ちゃんの2人を」

「2人を?」

「熱ぅ〜くしてあげる♪」

「いらん!!」

 

〜・〜・〜

 

「ところで聞いてよ〜、最近雛カクデッキ使う人少なくな〜い?」

「元からそんなに多くはなかったけどね」

「まぁそうなんだけどぉ〜なんていうか……絶滅?」

「だんだん強いデッキがはっきりしてきたしね」

「つまらないわぁ〜」

「あなたが戦場にいると雰囲気が変わってイヤ」

「もう、ウブなんだからぁ〜」

「ウルサイ!!」

「でもね、この放置プレイが気持ちよかったりするのよ♪」

「うわー!! 黙れ!!」

「放置プレイって何?」

「知らなくていいの!!」

「とぉ〜っても気持ちいことよ♪」

「よくない!!」

 

〜・〜・〜

 

「それじゃあ、このあたりでお便りイッテみる?」

「最後のほうカタカナで言うな!!」

「もう♪ いちいち反応するなんてやらしぃ〜」

「う!」

「お便りいくわよ……」

「うん……」

「えぇーと何々……神奈川県に住んでる、えーとラジオネーム「くるつ」からよ」

「こういうときは敬称を付けるものよ♪」

「で、お便りの内容だけど」

「あぁん! 無視されたぁ!!」

「えーと……『涼以外でのカッコイイと思う(外見的にも内面的でもどっちでも可)武将を教えてください!!』だって」

「男? 女?」

「どっちと限定してないわ」

「曹操様曹操様曹操様♪」

「『ソウソウソウソウ』うるさい!!」

「だってカッコいいじゃない〜大きいひとよ〜」

「何が?」

「たとえば人としての器とか夢とか野望とか……」

「まだあるの?」

「ここから先は18禁〜♪」

「生き絶えるがいい!!!」

 

〜・〜・〜

 

「それでお2人は?」

「……西涼以外ねぇ」

「ま、この人じゃないけど曹操は確かにいい男なんじゃない? 少数でおじいさまに食って掛かってきたんだから、見上げたものよ」

「でしょでしょ?」

「私は曹操嫌い」

「そっか、おじさまは曹操にやられたんだっけ?」

「そゆこと」

「ちょっと思ったんだけどね」

「何?」

「呂姫ちゃんって獅子猿呂布にぜんぜん似てないけど獅子猿曹操様に微妙に似てるわよね?」

「なぜおじさまは呼び捨て?」

「そんなに似てる?」

「あ、別にいいみたいね」

「うん♪ 前髪とか全体的なカラーリングとか」

「まぁ言われたらそんな気がしないでもないけど」

「ということは……私は父上の本当の子ではなかったの?」

「いや違うから!! 変なところを真に受けなくていいから!! 大丈夫! あなたの計略はどう考えてもおじさま譲りよ!!!」

「そ、そうよね」

「そうよそうよ♪」

「あんた黙ってろ!!」

 

〜・〜・〜

 

「で? 結局呂姫ちゃんがカッコいいと思うひとは?」

「……劉備かしら?」

「!!」

「どの?」

「杉浦劉備、あの爆発力は尊敬に値するし「全てはこの時の為に」ってセリフもいいわ」

「いたわね、そんなの……いまのR劉備の完全劣化カードだけどねっ」

「あら董白ちゃん、いつも以上に辛口じゃないの? 嫉妬かしら?」

「違うわよ!!」

「ま、あえて述べるとだから……別にそんなこだわりないけど」

「そ、そうよね!!」

「あらまぁ、わかりやすいこと♪」

 

〜・〜・〜

 

「と、今日はこのあたりかしら? もっと色々シたかったのになぁ〜」

「いい加減にしろ!」

 

―パシィン!!―

 

「いやん! 董白ちゃんがぶった!!」

「ちょっとは反省……」

「うぅ〜ん快感♪」

「してないわね」

「にしても私、どうしても気になることがあるのよ? どうして誰も突っ込まないのかとずっと思ってたわ」

「何よ?」

「呂姫ちゃんっていつのまにか董白ちゃんの耳飾り付けてるわよね? 何で?」

「!!」

「これ? あぁ、私がこの子に戦器あげたとき(※ひめはく漫画12参照)代わりにくれたのよ『いらなくなったから』って」

「『いらなくなったから』ねぇ〜」

「な、何よ!! 嘘じゃないわよ!!」

「でもそれが全てではないと……本当にラブラブねっ!!」

「さっきも言ってたけど、ラブラブって何?」

「お互いがお互いを必要としてるってことよ♪」

「だまれー!!!!」

「……ま、たしかにいてくれると助かるけどね」

「え?!」

「あら」

「わたしたち「らぶらぶ」なのね? ひとつ勉強したわ」

「グッ!!」

「勝ち誇った顔で親指立ててんじゃないわよ!! 呂姫もそれ微妙に間違ってるから!!!」

 

〜・〜・〜

 

「はぁ……やっと帰ったわ……あのゲスト」

「あなたどんどんやつれてるわね?」

「うぅ……」

「次はもう少し話やすそうなゲストつれてくるわ」

「ありがと」

「……どういたしまして」

「それではひめはくらじお第4回」

「これにて終了」

 

ジャカジャカジャカ〜ン♪

ジャジャジャ〜ン♪

「ラブラブ〜♪」

「帰れ!!!」

 

ジャカジャカジャカ〜ン♪

ジャジャジャ〜ン♪

 

 

戻る

inserted by FC2 system