ひめはくらじお第5回

 

 

ジャカジャカジャカ〜ン♪

ジャジャジャ〜ン♪


「なんだかんだでひめはくらじおも第5回、結構調子良いわね」

「そうね、悪ノリの惰性で進んでいる感がないわけでもないけど」

「お前はいつもいつも余計なことを……」

「いいじゃないのとりあえず5回目は始まったんだから」

「まぁいいけど……もうわざわざ言う必要もないと思うけど、ひめはくらじおの司会、董白よ」

「同じく呂姫」

「さて、早速だけど今回のゲストは……」

 

―ジャーンジャーン―(伏兵解除音)

 

「戦いの時は来た……」

「えぇぇぇえぇ?!!!」

「く、簡単には屈しないわ!!」

 

〜呂姫撤退〜

 

呂姫ーーーーーーッ!!!!

「今回のゲストに呼ばれた、ケ艾と申す……」

「ちょっと待て貴様!! なんていう登場してんのよ?!!」

「生きることとは常に戦いの連続である……どんな場でも気を抜いたものが死ぬ……」

「わけわかんないから?! まさか今までのゲストで一番知力高くて常識がありそうなやつが司会に伏兵攻撃して撤退させるなんて言う突拍子もない登場するなんて思わなかったわよ?!」

「先ほども言ったとおりだ、我は常にこうやって生きてきている」

「だからわけわかんないから?! じゃあ何?! 貴様は初対面の相手にはとりあえず伏兵攻撃食らわせるわけ?!」

「そのとおりだ、何か問題があるのか?」

「うわ認めたっ!! しかも開き直ったわね!!」

「開き直りでは無い、我が道を貫き通しているだけだ……」

「大体あんたねぇ!! 呂姫を撤退させといてただで済むと思ってんの?!」

 

―シャキン!!―

 

「良いのか? 我は剣を抜いたものに対する加減を知らぬぞ……」

「うるさいわね!! さっきも言ったけど!! 呂姫を撤退させるなんて許さないんだからっ!!」

 

―一騎打ち!!!―

 

「死になさいよ!!」

「終わりにしよう……」

 失 ・ 失 ・  ・ 失 ・ 失

  ・  ・  ・  ・ 

 

―ジャキーン!!―

 

「なぜラジオの時間を粗末に扱うのか……」

 

〜・〜・〜

 

「うぅ〜!!」

「気は済んだか? しかしよい気迫だった……真ん中の“激”に己のやる気を感じた」

「うるさいわね!! 大体なんであんたが今回のゲストなのよ!!」

「ここの主が最近我を引いた記念だそうだ……」

「ゲストのリクエストがないわけじゃないのよ?! 何勝手なことしてんのよ!!」

「我に聞くな……我は呼ばれたから出てきただけだ」

「ああそう、そうですか!! で? 最近カード使用率でも大人気なものだから自慢にでも来たの?!」

「それは素直にありがたいと思っている……しかしそのような低俗な理由でこの場に立ちはせん……」

「あっそ!! じゃあ帰れば?!」

「そうも行かん……」

「うぅ……呂姫、早く戻ってきて……」

 

〜・〜・〜

 

「そういえば、バージョンアップのロケテストが始まったと聞くが?」

「そうだったわね、正直情報が飛び交っているからここではロケテの話題は割愛するわ……まぁ貴様の弱体化は決まったようなものね?!」

「己もな……」

「うるさいわね!! 私はいいのよ!! 代わりに呂姫にがんばってもらうんだから!!」

「そうか……頼れるものがいるというのはよいことだ……」

「なんかあんたが頼れる人いないみたいないい方ね」

「そう言うわけではない、忘年の交わりを交わした陳泰や、その能力上我が助けになってくれる羊コ等……我にも頼れる者はいる」

「ふーん」

「正直皆の個性が強すぎて付いていけぬが……」

「安心しなさい、貴様も十分個性的だから」

「そうか……しかしそれは安心してよいのか?」

「ぶっちゃけ全然……」

「そうだな……我もそう感じた」

 

〜・〜・〜

 

「出番かしら?」

 

―呂姫復活―

 

「あ、呂姫!! 大丈夫?!」

「えぇ、うかつだったわ」

「……」

「はあ……無事でよかったわ」

「ありがとう」

「……何故ラジオの時間を粗末に扱うのか……」

「貴様のせいよ?! “半分は”とかじゃなくて“全部”貴様のせいよ!!」

「そうか……ならば謝罪しよう」

「そんなことは良いわ、さっさと進めましょう」

「じゃあこの辺でお便りかしら」

「はいこれ」

「ありがと……えーと何々……福井県に住んでる人で……“しつもぉ〜ん呂姫様! 父である呂布は他の時は羽耳で飛べそうなのに涼にきたとたんヒモみたいに退化しちゃったのは何故ですかぁー?”……ラジオネーム「サイガ」……」

「私に質問なのね……」

「そうね、なかなか奇抜な質問だけど……確かにおじさま……頭の飾りが涼に来たとたん急にしょぼくなったわね」

「それはいかに?」

「そんなこと……えぇ、すごく簡単よ」

「?」

「他の父上……頭の羽で空飛べる?」

「飛んでるのは見たことないわね」

「常識的に考えて無理であろう」

「そ……あの羽はついてるだけ無駄なの、どころかあの無駄な大きさで空気抵抗を受けて微妙に邪魔なの、だから涼では風になびく実用重視の飾りになってるのよ……つまりこれは“退化”ではなく“進化”なのよ。まぁお母様が西涼にいるときくらい人間みたいな格好してろって言ったのもあるわね」

「進化や退化と……皆呂布殿をなんだと思っているのだ……」

「おじさまはおじさまよ」

「そうね、父上は父上よ」

「……そうか、確かにそうだな、呂布殿は呂布殿だ」

「……ということよ、分かったかしら? そのうち涼の父上の時代が来るわよ?」

「そこは素直にうなずけないわね」

 

〜・〜・〜

 

「はぁ……今日は私あんまり出番なかったわね」

「まぁそこに突っ立てる男のせいよ」

「そうだな……」

「また開き直った……」

「それにしても、今日はなかなか貴重な体験をさせてもらった気がする」

「というよりあなた、意外とよくしゃべるのね」

「確かに、もっと寡黙だと思ってたわ」

「ここはラジオ、話さなければ存在を知らせる事はできぬ」

「それはそうだけど」

「しかしこうして話していて思った……」

 「?」

「この会話の果てに……何があるというのか?」

「ちょっと待て貴様!! それって私たちの会話が無意味だとか言いたいの?!」

「そうは言っていない……ただこの会話の先の結論がどこに行き着くのか見出せないだけだ」

「安心しなさい、今までどこかに行き着いたことなんてないから」

「おいおいおいぃぃぃぃ!!!!」

「あ、でも前回は私とあなたが“らぶらぶ”だっていう結論が出たのよね?」

「ぶっ!!」

「そうか……何かの結論が出るのは誠に意義があることだ……我もこれからその事実を広めよう」

「は? 何でよ?! どうしていきなりそんな結論に達するのよ?!!」

「安心するがいい、確かに我から見ても己たちは仲睦まじい……まるで羊コと陸抗を見ているようだ……」

「うわぁ〜すごく微妙なたとえされたわ」

 

〜・〜・〜

 

「さて、それでは我はこのあたりで失礼させていただこう」

「何? なんか言い残すこととかある」

「いや……悔いは、無い」

「あらそう」

「己たちも我と同じ騎兵……いつかともに戦場を駆ける時があるかも知れぬ、そのときまた会おう」

 

〜・〜・〜

 

「なんていうか、つかみどころの無いやつだったわね」

「三国志大戦の武将に普通なんて求めないべきよ」

「そうね、まぁ一回これだけ脱線すれば次はまともになるわよね」

「そうね」

「それではひめはくらじお第5回!!」

「これにて終了」

 


ジャカジャカジャカ〜ン♪

ジャジャジャ〜ン♪

 

 

戻る

inserted by FC2 system