ひめはくらじお第6回

 

ジャカジャカジャカ〜ン♪

ジャジャジャ〜ン♪


「よっしゃ!!」

「はじまりました〜♪ 若獅子らじおっ♪」

「え、ちょ……」

「いや〜めでてーぜ!! これもみんなのおかげだぜ!!」

「ありがとね〜♪」

「これ、ちょ……ひめはくらじ……」

「さーて!! リスナーが退屈するといけねぇ!! 自己紹介行くぜ!!」

「いえーい!!」

「ちょ、だから……」

 

〜・〜・〜

 

「おっす!! 若獅子らじおの司会・関索だっ!!」

「きゃ〜!! 関索素敵〜!!!」

「あっはっは!! 誉めるな誉めるなっ!!!」

「誉めてないって♪ 本当のことじゃん♪」

「ありがとよ!! 素直にうれしいぜ!!!」

「ちょ、関索」

「安心しろ三娘!! お前のことも忘れてねーからなっ!!」

「いや、違う、そうじゃなくて」

「そうだよ〜♪ 私たちが鮑ちゃんのこと忘れるわけないでしょ〜」

「えっとね、聞いて……」

「こっちが王桃!! それでこっちが鮑三娘!! どっちも俺の自慢の妻だぜ!!」

「もう〜関索ったら〜♪」

「うぅ……馬鹿2人」

「さーて、自己紹介もすんだし、そろそろ……」

 

―ダダダダダダダダダダダダダッ!!!―

 

「ちょっと待てきさまらぁーーーーーーーー!!!!」

 

―ドコォッ!!!!―

 

「がはぁっ!!!」

「きゃーーーーー!!!! 関索!!!!」

「……」

「ぜぇ……ぜぇ……」

「どう?」

「平気よ、これくらい」

「平気じゃないでしょ!! 関索の首が変な方向に曲がってるじゃないの!!! 鮑ちゃん息吹息吹!!」

「うーん……“優しくしてあげるわ”」

 

―ビュオォォォォ―

 

「お〜あぶねぇ、やるじゃねーかあんた!!」

「うるさい黙れ!! どういうつもりか説明しろ!!!」

「何を?」

「私たちの記憶が正しければ、ここは“ひめはくらじお”の場なんだけど?」

チッ……ばれたか」

「“チッ”って言った!! 今お前小さく“チッ”って言ったわね!!!」

「知らないも〜ん♪」

「な、お、おじい様に言いつけてやるから!!」

「そんなこと言っていいのかな〜♪ きっと後悔するよ〜」

「何ですって!!」

「何よ〜!!」

「ほら王桃、そこまで」

「あなたもよ……」

「ふん」

「つーん」

「えーっと……ゴメンなさいね、なんか邪魔しちゃって」

「いいわよ、あなたに非がない事はよく分かってるから」

「つまんな〜い」

「はいはい分かったから、ここは引き下がるわよ、関索もいいわね」

「しゃーねーな、若獅子らじおはひとまず延期だな……でもまぁあれだ!!」

「?」

「俺の戦いは終わらねぇ!!!」

「関索〜!!!」

「はぁ」

 

〜・〜・〜

 

「まったく……何だったのよあいつら、もぅ……せっかく私と呂姫の貴重な時間がゴニョゴニョ……

「え、何?」

「な、ななな何でもないわよ!!」

「そう」

「そうよ!! それよりも早く遅れた分取り返さないと」

「そうね」

「コホン、ということでとりあえずひめはくらじお第6回のはじまりよ」

「今回のゲストは」

「よっしゃ!!」

「いえーい♪」

「……」

「何でよ!!?」

「本当にごめんなさいね、私たちが今回のゲストみたいなのよ」

「そう言うことなら仕方ないわね」

「もう1度自己紹介するぜ!! 俺は関索!!」

「私は王桃!!」

「鮑三娘です……」

「3人そろってぇ〜……」

「花関索若獅子夫婦!!!」
「関索と美人妻の嵐!!!」
「息吹と吐息と若き血……」

「見事なまでにバラバラね」

「大丈夫なの?」

「任せとけ!!」

「大体そのテンションで疲れないのあんたたち3人」

「ごめん、私入れないで」

「当たり前だろ!! それに俺は“覚醒”持ちだからな!! 俺にはあと2回のパワーアップが残ってるぜ!!!」


「フ○ーザみたいね……」

「ほっときなさい、あの3人はあれで満足なんだから」

「だからお願い、私入れないで」

 

〜・〜・〜

 

「にしてもあれだな、董卓の孫さんも呂布の娘さんも結構な美人じゃねーか!!」

「もぉ〜関索!!」

「安心しろって!! 俺はお前ら以外に興味はねぇ!! お前ら以外の武将は男も女も、俺にとってはCPU専用の“一般兵”みたいなもんだ!!」

「呂姫……こいつ撃破して」

「そうしてやりたいのは山々だけどこいつ復活持ってるからあんまり意味ないわ」

「ほんとにもう、何なのよあんたたちは、ジャラジャラ特技ぶら下げて」

「まぁ、そのあたりはSE○Aにでも聞いてくれる?」

「そりゃ私たちの魅力はすごいんだから!!」

「そーゆーわけだ!! 計略も優遇してもらってるしな!! これも“花関索伝”での俺たちの活躍の賜物だな!!」

「なによ、排出停止の陳到と関銀屏のあいのこみたいな中途半端な能力の癖に」

「陳到? あぁ……あの全身甲冑の重そうなやつね」

「陳到の中身は実は俺なんだ!!」

  「え?!!!!」

「……とか言ったら信じるか?」

「お願い呂姫、やっぱこいつ撃破して」

「ごめん、許してあげて、こんな馬鹿でも一応私の夫で悔しいことに私も本気で惚れてるの……」

「必死にお願いする鮑ちゃんかわいぃ〜、大好きっ♪」

「ちょ!! やめ!! なにして!!」

「いいの? あなた……蚊帳の外にされてるけど」

「いやいや、俺は王桃×鮑三娘支持者でもあるからな♪」

「わけわかんないし」

「あんたたちの事も応援はしてるんだぜ?」

「ぶっ!!」

「?」

 

〜・〜・〜

 

「……っと、そろそろお便り紹介した方がいいわね」

「そうね」

「分かってると思うけど、関索も王桃もお便り紹介の間くらいは静かにしてないさいよ」

「おう!!」

「つまんな〜い」

「じゃあ読むわよ」

「あ、そうそう……今回はお便り2通紹介してもらうわ」

「え?」

「なんか似た内容のお便りがあったらしくてね、どうせならいっぺんにってことらしいわ……はいこれがもう1通」

「わかったわ……えーと何々……1通目が『おふたりに質問です。おふたりの出会いを教えて下さい。福島市、ラジオネーム曹彰親衛隊特攻隊長』……」

「ずいぶんと曹彰が好きな人なのね」

「玉の輿狙うならやっぱり曹ヒじゃないの? 曹影は曹操の息子だけどバリバリ武将だし」

「そう言う生き方に惹かれたのかもしれないわよ」

「なるほどね」

「……そしてお便りね」

「私と呂姫の……出会い」

「あれはいつだったかしらね? 大戦2が稼動したころだったかしら?」

「えぇ」

「董卓おじい様が唐突にこの子を私のところに連れてきたのよ……“孫が2から大戦に参戦する。年も近いし、よろしく頼む”って……ね?」

「う、うん」

「それからは戦場に出るときはずっと一緒よね、毒遮断とか人馬とか暴虐とか……」

「べ、別に一緒にいたくていたわけじゃないんだけどねっ……でも、おじいさまの言いつけだったし、その……」

「うわ〜、うらやましくなるくらいの甘甘ね」

「わたしに期待のまなざしを向けないでくれる」

「ホントに甘甘だなぁ!!」

「って関索まで」

「ま、そう言うことね……もう1通の方も同じ内容のはずよ」

「えーと『初めまして、いつも楽しみに見させてもらっています「てんかむしょ〜」です^^。 早速二人に質問ですが、呂姫嬢と董白嬢は何処で知り合ったのですか?』……本当ね、にしても私の事『様』付けじゃないわ!! おじいさまに言いつけてやるからね!!」

「質問に関してはさっき言ったとおりね、董卓おじい様が大戦2はじまった時に私のところへ董白を連れてきてくれたのよ」

「って……あれ? お便りに続きがある」

「え?」

「何々……『あと、呂姫嬢は董白嬢をどう思っていますか? 教えてください^^』……ってえぇ!!!!」

「ヒュウ♪ てかもう恋人同士にする質問だな」

「きゃ〜!! ホントだね〜」

「……さすがに自分が『様』付けで呼ばれなかったことに突っ込む余裕もないみたいね」

「私が、この子を?」

「あ、ええええええと、あ、あの」

「そうね……」

「ごくり……な、なな……何?」

「私は……あなたのこと」

「……!?」

 

―キュピーン!!―

 

「お、覚醒1回目」

「空気読めよッ!!!!」

「あっはっは、悪い悪い」

「まったく!!」

「私はあなたのこと好きよ……」

「ぶふっ!!!」

「わぉ♪ 不意打ち!!」

「え、えええええええええ?! あ、その、あぅぅぅ……今……何て?」

「だから……『嫌いじゃない』とかじゃなくて『好き』よ」

「〜〜〜〜〜〜!!!!!」

「最初はツンケンしてて可愛げがないとか思ってたけどね……群雄伝とかでも結構憎めなくてね、一緒に戦っててもなんか、ちょこまかして放って置けなかったし……無双・改で撃破し損ねた敵の退路塞いでくれたりで結構助けてもらってたしね……」

「え、えっと……ま、まぁおじいさま伝の最終章では容赦なくやられたけどね!!」

「それは、なんていうか……ずっと一緒だったのにいざ敵同士になると……ね、ちょっと必要以上に力入っちゃって……でも、一騎打ちは手加減したつもりなんだけど?」

「あ……そうだったんだ、あ……ありがと」

「別に礼を言われることじゃないわよ……にしても、あ〜何かしらこれ、すごく照れくさいんだけど? たいしたこと言ってないはずなのにね……」

「〜〜〜〜〜〜〜」

「……」

「よっしゃ!! ナイスだぜ2人とも!!!」

「ホントにね!! 私も鮑ちゃんと関索愛してるけど2人にはちょっと負けたかなーとか思っちゃったわ!!」

「くす……」

「う、うるさいわね!! 黙ってなさいよ!!!」

「はいはい♪ 邪魔者は退散しますよ〜」

「だな♪」

「えぇ」

「それじゃあね〜」

「え、あ、ちょっと!! 帰れなんていってないでしょ!!」

「安心しろ!! 最初は邪魔しちまったが俺たちもそこまで無粋じゃねぇ!! 仲良くしろよ!!!」

 

〜・〜・〜

 

「……な、なによあいつら、らじおを引っ掻き回すだけ引っ掻き回しといて」

「ま、彼ららしいといればらしいけどね」

「……そうだけど」

「ならいいじゃないの」

「そうね……で、さぁ……呂姫?」

「何?」

「さっきの……その、ことなんだけど」

「さっき言ったとおりよ……あなたは私の大切な『妹』よ」

「……え?」

「何よ?」

「妹?」

「えぇ、だから何?」

「……う」

「?」

「うわぁぁぁぁぁあああん!!! 呂姫の馬鹿ーーーーーーーーーーーー!!!!」

 

―ダダダダダダダダダダダダッ―

 

「……え? 何? なんで? ……って仕方ないわね……ひめはくらじお第6回、これにて終了よ」

 


ジャカジャカジャカ〜ン♪

ジャジャジャ〜ン♪


―キュピーン―

 

「お、覚醒2回目♪」

「遅ッ!!!」

 

 

戻る

inserted by FC2 system