ひめはくらじお第8回

 

ジャカジャカジャカ〜ン♪

ジャジャジャ〜ン♪


「はぁ……」

「何? 開始早々ため息なんて」

「う〜ん……」

「だから何?」

「なんていうのかしら……最近マンネリ化してない?」

「何が?」

「いやこのらじおが」

「まぁ最初から斬新かどうかと聞かれれば疑問はあったかしら」

「……だから、ねぇ何とかならないの?」

「私にそう言うの期待しないでよ」

「誰かいないかしら……無駄にやる気にあふれているやつ」

「さぁ!! 出陣だ!!」

「っていたー!」

「どうしたのだ二人とも!! せっかくゲストに来てみれば暗い顔をして!! そんなことでは打倒“魏”など夢のまた夢だぞ!!」

「私たち魏関係ないんで」

「何を言う!! ここの君主のメインデッキ“解除陣法”にメンバーとして参加している以上!! 私たちの目的は打倒“魏”だ!!」

「何命令してんのよ!! いっとくけど私たちはそんなことどうでもいいのよ!!」

「あぁなんということだ!! そのようなことでは天の丞相がお嘆きになられるぞ!!」

「私たち別にあの人とつながりありませんし」

「同感」

「う……うむ、まぁそう言うことなら仕方あるまい、ここにいる間は打倒“魏”の事は忘れて素直にゲストでいるとしよう」

「そうそう、最初からそうしていればいいの」

「よし!! そう言うことならどんどんいくぞ」

 

〜・〜・〜

 

「にしても本来ならありえないわよね」

「え?」

「私たちって歴史的には無関係な人間だけど一緒に戦ったりで」

「そう!! 私も丞相に志を託した劉備殿と共に戦えるのだ!! これ以上の感動は無い!!」

「ま、そういう“夢の共演”もこのゲームの醍醐味の一つだしね」

「そうだ!! 劉備殿の義兄弟の関羽殿に張飛殿!! さらに名だたる蜀の武将と共に打倒“魏”の旗を掲げられる!! あぁなんと素晴らしい!!」

「うるさい」

「何を言う、このような感動を持ってしてそなたたちは何も思わぬのか?」

「そんなことは無いけどね」

「大体そなた達二人のつながりはこの大戦のみだぞ?」

「は?」

「分かっているのか、大戦がなければおぬしたちは出会うこともなかったのだぞ……もっとこの幸福をかみ締めるべきだ!!」

「なるほどね、そう言う考え方もあるわね」

「そうだ!! 素晴らしいだろう」

 

〜・〜・〜

 

「にしてもバージョンアップしてしばらくたったけど、今回のバージョンどう?」

「魏の力が衰えているのはいまだ!! 即刻叩き潰すべきだ!!」

「それはもういいわよ」

「私はケ艾の跋扈する前回のバージョンを生き抜いたのだ!! これから攻勢に出るのは当然の流れだろう」

「そういえばケ艾は最近見ないわね」

「そうだ!! 逆に私の使用率は地味にアップしてきている!! もう奴に遅れをとることは出来ぬ!!」

「でもこのらじおにはかなり前にケ艾出てたわよね」

「何?!」

「えぇ、結構前にゲストで登場してるわ、思いっきり置いてかれているわね貴様」

「な……わ、私には……無理だったか」

〜姜維撤退〜

 

「え?! ちょっと倒れたわよ」

「あまりのショックに憤死したらしいわね」

 

〜・〜・〜

 

ジャキーン!!!

兵法マスター!! プラス外伝!!

「再起の法」右・再起 左・再起

「まだだ!! まだ私は!!」

 

〜姜維復活〜

 

「復活早っ!! というより今ありえない兵法と外伝の組み合わせじゃなかった?!」

「負けられぬという私の信念が奇跡を起こしたのだ」

「無駄にすごいわね」

「どうしてもケ艾に負けることは出来ないからな」

「そのやる気をこのらじおの間はもっと別のことに使いなさいよ」

「……たとえば?」

「なんかないの? 面白い新コーナーとか」

「さっき話してたのよ、最近マンネリ化してるし何か新しいこと出来ないかって」

「なるほど……しかしそう言うことは私に聞くものでは無いだろう?」

「どういう意味よ」

「この間蔡文姫殿に言われたのだ、そなたたち二人に関係することはまず彼女に相談するようにと」

「は?」

「ちょ!! 何考えてるのよあのメガネ!!」

「何を言う、お二人の事を語っている蔡文姫殿は慈愛に満ち溢れていた、そのようなものがいることを誇りに持つべきだ 、私に丞相がいるようにな」

「ふんっ、別に何かしてくれなんて頼んでないわよ!!」

「止めなさい、そう言う言い方はよくないわよ」

「いや、蔡文姫殿が言うには“それがいい”らしい」

「やっぱり何考えてるのよあの女ッ!!」

「ということでそう言うことは蔡文姫殿に相談を」

「余計なこと言わんでいい!!」

 

ドカッ!!

 

「がはっ!!」

 

〜姜維撤退〜

 

「あ、また撤退した」

「ほっときなさい、そのときには覚醒して戻ってくるわよ」

〜・〜・〜

 

「はぁ〜……もう仕方ないわね、ここら辺でお便り読んで気分転換しましょ」

「そうね……はいこれ」

「ありがと……えーっと何々……『こんばんは。いつも楽しく聞いています。 お二人に質問です。お互いの好きな所(憧れている点)と、物申したい所(直した方がいいと思う点)を教えて下さい。後者質問の回答時には、相手の耳を塞いでも構いません。^^ラジオネーム 西涼飲料水(男・ピ−ナッツ県)』……」

「なるほど、シンプルかつ誰もが知りたがる実に良いお便りです」

「!!」

「どうも」

「お前いい加減にしろ!! 何でここまで登場するのよ!!」

「いやいや、私はひめはくらじおの準レギュラーですよ? こんなにいい『ひめはく』のお便りを放って置くわけないじゃないですか、丁度姜維さんもいませんし」

「あーもう、いいわよ、好きにしなさいよ」

「ありがとうございます」

 

〜・〜・〜

 

「それじゃあ、お便りに答えないとね」

「え……あの、えっと」

「何?」

「これ……答えるの?」

「もちろんです、私を筆頭に皆さん聞きたいと思います」

「うぅ……」

「いいじゃないの、あなたが先? それとも私?」

「う……ん、じゃあ後」

「分かったわ、私が先ね」

「ではまず、呂姫さんが董白さんの好きなところ又は憧れているところは?」

「好き……好きなところ、ねぇ」

「ごくり……」

「まぁ……みんな分かると思うけど何だかんだいっときながらこの娘やっぱり“可愛い”のよ」

「!!」

「ほう」

「この前うちに泊まりに来たときなんか、夜寝るときは隣の寝台にいたはずなのに朝になると私の寝台で丸まっててね……」

「わー!! わー!!」

「まぁ、以外に大胆なんですね董白さん」

「違う!! あれはお前が寝ぼけて私を自分の寝台に引きずり込んだって何度言えば分かるのよ!!」

「私そんな記憶ないもの」

「だから“寝ぼけてた”って言ってるでしょ!!」

「ということで呂姫さんはそんな“何だかんだで可愛い”ところが好きと?」

「好きとは違うかしら、なんていうか放って置けないって感じね」

「うぅ……」

 

〜・〜・〜

 

「では逆に物申したいところ又は直した方がいいと思うところは?」

「そうですね」

「……」

「耳塞がないのですか? 好きにして、いいのですよ」

「だ、誰が!! 別に何言われても何ともないんだから!!」

「まぁまずはやっぱり“わがまま”すぎるわね」

「!!」

「私も決して素直とは言わないけど、ちょっとね……私、都や土地を欲しがった事ないし」

「うぅ……」

「あと誰にでもケンカ売りすぎね」

「……!!」

「一騎打ちの事ですか?」

「はい、この前なんか趙雲や馬超にケンカ売るんですよ? 勝てるわけないのに……そこは自分の実力をわきまえないと」

「うぅうぅ……」

「董白さん……好きにして、いいのですよ?」

耳塞いどく……

「素直ですね……」

「他にも私が他の人間と話してると機嫌悪くなるし……なんでかわからないんですけど」

「そこは気がつかないあなたも悪いような気がしますが」

「他にも……」

「って容赦ないですね呂姫さん……」

「……」

「ほら董白さん見てくださいよ、もう聞こえてないはずなのにあんなに端っこで丸まって」

「容赦がない? 当然ですよ」

「え?」

「私は“誰よりもあの娘のことを知ってる”んです……気がつく欠点はいくつだって出てきます」

「ふふ、そうですか」

「まぁ今回はこれくらいにしときます」

「西涼飲料水さん分かりましたか? 呂姫さんはすごいですよ?」

 

〜・〜・〜

 

「董白さん、出番ですよ」

「うぅ……」

「何落ち込んでるの?」

「誰のせいよ馬鹿!!」

「それで? 董白さんは呂姫さんのどんなところが好きでどんなところが嫌いなんですか?」

「……」

「何? 遠慮しなくていいのよ」

「呂姫は本当に強い……そこは本当にかっこいいし憧れる」

「それは私もです」

「でもバカ!!

「な」

「……」

「何よいつも勝手に突進して伏兵踏んで撤退して計略使って私置いていってバカバカバカー!!!!」

「……あー確かにそうね、ちょっと突進する癖はあるわ、悪かったわね」

「え……」

「でも私が先に行かないとあなたが危ないでしょ」

「!!」

「おやおや、これは董白殿の負けですね」

「うぅうー!!!」

「さて西涼飲料水さん、分かりましたか? これが『ひめはく』です!!」

「ちょ!! 何勝手に結論つけてるのよ!!」

「?」

 

〜・〜・〜

 

「は!! 私は一体何を?!」

 

〜姜維復活〜

 

「ずいぶん長い間撤退してたわね」

「うぅむ……無理な兵法を使ったため変に体に負担をかけてしまったようだ」

「あんた本当に最大知力9なの? すごくバカなんだけど」

「!!」

「まぁ、そう言う意味ではケ艾とよく似てるわね」

「な!!」

「あんたたち意外と仲いいんじゃないの?」

「バカな!! そんなことは無い!! 私はケ艾と……“魏”と馴れ合うつもりなど」

「あなたもとは“魏兵”だったけどね」

「がはっ!!」

 

〜姜維撤退〜

 

「……なんか騒がしかったわね」

「……まぁこれからも彼とケ艾の戦いは続くと思うわ」

 

〜・〜・〜

 

「あれ? そういえば蔡文姫様は」

「いないわね……帰ったのかしら?」

「まぁ、何だかんだであの人がいてくれるとスムーズに話が進むわね」

「でももうしばらくは絶対呼ばないわよ」

「なんで?」

「これは……その、だから」

「そうね」

「?!」

私とあなたのらじおだものね?」

「!!」

「さて、それでは今回のひめはくらじお第8回」

「……」

「どうしたの?」

「あ、こ……これにて、終了!!」

 


ジャカジャカジャカ〜ン♪

ジャジャジャ〜ン♪

 

「私は何のために出てきたのだろうか……」

 

 

戻る

inserted by FC2 system